森屋隆ブログ

「政策推進私鉄国会議員懇談会」で事務局次長として選出されました

 「政策推進私鉄国会議員懇談会」は私鉄総連の呼びかけによって設立された、立憲、国民、社民各党国会議員で構成する懇談会です。双方の意見を交わし政策議論を深め、地域交通・公共交通、安全対策の整備、労働環境の整備等を支援します。
  今日の総会では、会長の鉢呂吉雄参院議員から「議員懇として台風19号など風水害による甚大な被害を受けた事業者、労組とともに、国土交通省への緊急ヒアリングと赤羽一嘉国交大臣に申し入れを行った。引き続き早期の復旧・復興を目指し支援したい」、私鉄総連の田野辺耕一委員長から「森屋隆議員など新しい議員が加わりメンバーが増えた。実りある懇談会にして欲しい」とそれぞれあいさつがあり、新メンバー6名の入会について承認がありました。
 私は事務局次長として選出され「交通運輸の代表として交通労働者の処遇改善をめざしていきたい」とあいさつさせていただきました。
  意見交換では、私鉄・バスの被災状況とタクシー運賃改定について私鉄総連から報告、国会議員からは自動化のテクノロジー向上、代替バス輸送の負担、ウーバーの配車アプリ、オリパラの考え方などについて質問が出ました。

DSC_0410
Next台風19号被害視察 上田電鉄